安全への取り組み

Safety

安全会議

単にドライバー自身が気をつけるというのではなく、会社としてドライバーが安全に運行するためにはどんなサポートをすればよいのか、その取り組みに対して全員が同じ立ち位置で共有しあうことを目的としています。

社内で起きたこと、新しい動き、運送業界全体の動向のレクチャーをはじめ、時代の変化の中で生き残っていけるドライバーを育成していくという目的も持っています。

点呼・帰呼

運行前と運行後には必ず「点呼」と「帰呼」を行います。運行管理スタッフとドライバーが1対1で向かい合い、アルコールチェック、健康状態の確認、その日の天候による注意点など、安全運行をバックアップするための大切な行いです。そして最後に「いってらっしゃい!」と元気よく送り出します。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダはトラックが衝撃を受けると、フロントガラスに取り付けられたカメラの映像が記録されるものです。事故だけでなく急減速・急制動も記録されるので安全教育にも活用しております。

デジタルタコグラフ・管理モニター

すべてのトラックに標準装備されている、運行記録計(タコグラフ)は、「次世代型運行記録計」とも呼ばれ、旧式のアナログタコグラフと異なり、車両の運行にかかる速度・時間等をデジタルデータとして自動的に蓄積する事が可能です。

GPS機能によりリアルタイムな運行状況をチェックできることで、急なトラブルにも迅速に対応できます。お客様への正確な配送を見込めるだけでなく、運転診断情報も計測できますので、ドライバーが安全に運行できることや燃費向上によるコスト削減に繋がるバックグラウンドが整っています。